退職する際は業界特化型の転職サイトで仕事を探そう

退職に関する心構え

退職に関する心構え

SPECIAL

円満退職にする秘訣 円満退職にする秘訣

転職を考える方へ当サイトは、転職を検討している人に向けて退職に関する心構えをご紹介しています。転職する前には必ず退職があります。そして、退職にもルールや一般的なマナーがあります。知っている人は再確認して頂き、知らない人は知るきっかけにして頂きたいと思います。また、円満退職から転職活動のコツを紹介することで、仕事探しのきっかけにもしてもらいたいと思っています。当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。SITE

業界特化型の転職サイトを活用

転職するなら業界特化型転職サイト!

専門知識で最適なキャリアを提案

業界特化型の転職サイトを活用

多業種の求人を掲載した大手転職サイトでは、多様な業界の知識を網羅しなければならないので、1つの業界に対する知識取得に手が回りにくくなります。ですが、業界特化型の転職サイトの場合にはその業界に対する知識持ったエージェントが多数在籍していますので、その業界の転職求人のトレンドや求められている能力などを教えてもらうことができます。
さらに、自分の望むキャリアのためにはどんな職種や会社を選べばいいかといった密な相談にものってくれます。そうすれば、履歴書に書く志望動機や自己PRにも説得力が増します。これにより、選考の通過率が上がり内定につながりやすくなるのです。転職において、キャリア相談は重要な項目なので最適な提案をしてもらえるのは大きなメリットとなります。

企業からの信頼が厚い

そして、業界特化型には大手に掲載されていない求人も数多く存在しています。業界特化型転職サイトということで企業からの信頼もあり、企業側からこんな人材が足りていなくて困っているという話をこっそりと持ちかけられる事もあるからです。
業界に特化していることで求職者はその業界に興味のある人が集まります。そうした人々というのは同じ業界で働いていた経験者が多く、業界で通用するスキルを持っています。ですから、募集企業にとっては喉から手が出るほどほしい人材である可能性が高いのです。このように、業界で通用するスキルを持っている求職者を抱えた転職求人サイトであれば企業からの信頼も厚くなります。信頼が厚ければ企業からはこの転職サイト経由で応募してきた人は優秀かもしれないと思ってもらう事ができ、他のサイトよりも採用の確率が高まるのです。
転職求人サイト経由で応募するときには、エージェントからの推薦状付きなので応募者の事前の印象を高めることができます。これらが業界特化型の転職サイトを利用するメリットです。

各業界の転職求人サイト

業界特化型転職サイトは、多様な業界に合せてその数も増えてきました。その中には飲食業界や出版業界、医療業界の求人に特化した転職サイトもあります。退職後も今までのスキルを活かして同業界に転職したい人にはとても便利ですし、異業種に転職を考えている人ならその業界に必要なスキルや資格などを心構えとして知る事もできます。
飲食業界であれば、調理師や接客の他に店舗責任者や店舗マネジメントなどの営業職まで求人してしています。飲食業界に特化した「フードの仕事.net」は、飲食業界に関わる求人を盛りだくさんに掲載しています。異業種からの転職も歓迎する店舗マネジメントや営業職の求人も必見です。

飲食転職情報はここ

また、出版業界では編集や営業の仕事からDTPオペレーターや書店員まで幅広い業種を見つける事ができます。これまで埋もれがちだった出版・印刷業界の求人に特化した「出版.COM」は、求人情報はもちろん業界情報を網羅しておりユーザーから注目されています。プロフェッショナルから未経験の人まで、出版・印刷業界で働きたい人の入り口となります。

出版転職情報はここ

また、医療業界特化型転職サイトでは業種ごとに特化している事が多く、看護師専門や医師専門、介護士専門の転職サイトなどもあります。求人数が多い介護業界であれば、介護業界の情報を網羅した特化型転職サイトを利用すると失敗がないと思います。介護士の特化型転職サイト「きらケア」は、キャリアコンサルタントのフルサポートを受けながら安心して転職できるところが魅力です。また、希望する転職先情報を事前に聞ける事も転職を成功させる秘訣となります。

介護士転職情報はここ

業界特化型転職サイトをうまく利用して転職を成功させる事が、退職をスムーズにする事にも繋がります。自分の将来を良い方向に導く退職を目指すなら、良い転職先を決める事がとても大切といえます。

こちらの記事も読まれています!

次の会社への入社を確実に
次の会社への入社を確実に 2016年02月05日

転職する場合には次の会社への入社を確実にしておきましょう。転職先の然るべき責任者のサイン、もしくは印鑑のある入社通知の書類を持っていることが重要です。そして転職が決まる前に退職の意思を表明することは避けた方がいいです。日本の会社の場合、「辞める」と1度でも意思表示した人はその瞬間から実質的に会社の人間ではなくなる傾向があります。ここでは、退職の意思を伝える前に必ず次の会社への入職を確実にすべきということについてご紹介しています。

退職意思の切り出し方
退職意思の切り出し方 2016年02月02日

退職するときは断固たる決意が必要です。退職の意志を上司に切り出す前に、自身の退職の意志が本当に固いかどうかを改めて確認することが重要です。退職するときの意思表明の場で、上司からの引き留めにあうケースもよくあります。そんな上司を相手に、退職の意思の伝え方や言い出し方が中途半端であやふやな想いでは退職するのは難しくなります。ここでは、退職意思の切り出し方について詳しくご紹介しています。