就業規則を守るという心構えで退職日を決める

退職に関する心構え

退職に関する心構え

SPECIAL

円満退職にする秘訣 円満退職にする秘訣

転職を考える方へ当サイトは、転職を検討している人に向けて退職に関する心構えをご紹介しています。転職する前には必ず退職があります。そして、退職にもルールや一般的なマナーがあります。知っている人は再確認して頂き、知らない人は知るきっかけにして頂きたいと思います。また、円満退職から転職活動のコツを紹介することで、仕事探しのきっかけにもしてもらいたいと思っています。当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。SITE

退職日の決定を

ルールを守って円満退職

就業規則は守る

退職日の決定を

民法では退職の意思表示から2週間が経過すればいつでも辞められるということに一応はなっています。しかし、会社には会社の法律ともいうべき就業規則が会社毎に存在しており、多くの会社で1ヶ月前に申し出ることなどの社内規定があります。そういった場合には、基本的には就業規則を尊重するべきです。また、残務整理や十分な引き継ぎをしないままに退職するのは避けたほうがよいでしょう。民法や就業規則にのっとって退職時期を設定したとしても、引き継ぎに十分な時間が取れなかったり退職時期が会社の繁忙期に当たってしまう場合もあります。退職の意思表示をするときには、引き継ぎや残務整理に必要な期間を事前に割り出して、スケジュールに無理がないことを確認したうえで上司に相談するのがよいでしょう。

退職日の決め方

有給休暇を消化して退職するときにも、引き継ぎの期間はしっかりと取るようにしましょう。有給休暇の消化は当然の権利と言えますが、円満退社を目指すならやるべきことはきちんとやって有給休暇を取るという姿勢を示したほうがよいでしょう。
ボーナスをもらってから退職する際のタイミングも難しくなります。ボーナスには過去の業績への報酬と、今後の働きへの期待が含まれています。賞与額が決まる前に退職を申し出ると、査定が下がりボーナスが減額される恐れがあります。ただし、半額以下などのあまりにも大きな減額は不当として労働基準監督署などに相談することができます。ですがそのようなトラブルを避けたいのであれば、支給額が決定してから1ヶ月ほどは普通に働き、期間を置いて退職を申し出ることでボーナス退社という印象を持たれないようにすることはできます。周りの嫌みに耐える覚悟のある人は、ボーナス支給後に退職しても大きな問題にはならないでしょう。ですが、今後の関係を考慮するのであれば極力避けた方が良いかもしれません。

契約社員の場合

雇用期間が定められている契約社員の場合は、少し事情が異なります。期間が満了するまでは原則として企業側も解雇できません。民法の2週間前までに意思表示すれば退職できるという条項も適用されないのです。あまりありませんが最悪の場合は、会社側から損害賠償を求められることもあるので、契約満了までは我慢してでも働くのがよいでしょう。ですが、家庭の事情などでどうしても退職せざるを得ない場合は、契約満了前に退職できないかを上司に相談してみるといいでしょう。

こちらの記事も読まれています!

次の会社への入社を確実に
次の会社への入社を確実に 2016年02月05日

転職する場合には次の会社への入社を確実にしておきましょう。転職先の然るべき責任者のサイン、もしくは印鑑のある入社通知の書類を持っていることが重要です。そして転職が決まる前に退職の意思を表明することは避けた方がいいです。日本の会社の場合、「辞める」と1度でも意思表示した人はその瞬間から実質的に会社の人間ではなくなる傾向があります。ここでは、退職の意思を伝える前に必ず次の会社への入職を確実にすべきということについてご紹介しています。

退職意思の切り出し方
退職意思の切り出し方 2016年02月02日

退職するときは断固たる決意が必要です。退職の意志を上司に切り出す前に、自身の退職の意志が本当に固いかどうかを改めて確認することが重要です。退職するときの意思表明の場で、上司からの引き留めにあうケースもよくあります。そんな上司を相手に、退職の意思の伝え方や言い出し方が中途半端であやふやな想いでは退職するのは難しくなります。ここでは、退職意思の切り出し方について詳しくご紹介しています。